くり僧

クリップボードのテキストを取得/設定するCOMオブジェクト。

 IDパラメータ属性説明
クラスclisou.Clipboardオートメーションサーバー
プロパティTextStringクリップボードのテキスト ※設定時は一旦クリップボードを空にしてから設定する。
HtmlStringクリップボードのhtml ※設定時にクリップボードを空にしないで設定する。他の形式がある中にhtml形式を追加する。
メソッドClear  クリップボードを空にする。
ScreenCapture[FileName]String画面をキャプチャしてパラメータで指定したファイルに保存。形式は、PNG, JPEG, BMP の3つ。ファイル名を指定しなければクリップボードにコピー。

VBAやVBScriptからクリップボードのテキストを取得/設定しようとすると、APIを使うかIEを使うかってとこだけど…APIはめんどいし、かと言ってクリップボードとやりとりするのにわざわざIE立ち上げて裏技的にやるのも大げさな感じでなんだかなって思ったんで、じゃあ簡単にできるようにとCOMオブジェクトを作った。

使い方はこんな感じ。

Set clb = CreateObject("clisou.Clipboard")
WScript.Echo clb.Text	'クリップボードのテキストを表示
clb.ScreenCapture	'画面をキャプチャしてクリップボードにコピー
Set clb = Nothing
※設定すれば一応アーリーバインディングもできる。

htmlの設定はこんな感じ。

Set clb = CreateObject("clisou.Clipboard")
clb.Text = "いろは"
clb.Html = "<font size=7 style='background:black;'><font color='#9cfec6'>い</font>" _
	& "<font color='#ffff93'>ろ</font><font color='#ffc8a4'>は</font></font>"
Set clb = Nothing
※↑を実行してgmailとかリッチテキストで入力できるとこに貼り付けてみて。

開発ツールはDelphi2009

ダウンロードしたいと思った奇特な方はどうぞ。 → くり僧 (clisou.zip)


Windows2000以降なら動くと思う。・・・・・たぶん。(XPしか持ってないんで他は未確認。)

インストールはzipを解凍して、"clisou.dll"を"regsvr32"で登録。←がよく分からない人は、"clisou.dll"をWindowsのSystemフォルダに置いて、コマンドプロンプトで"regsvr32 clisou.dll"と入力してEnter。

アンインストールはコマンドプロンプトで"regsvr32 clisou.dll /u"と入力してEnter。んで"clisou.dll"と"readme.html"を削除。


「くり僧」はフリーソフトです。著作権は放棄しないでおくけど、転載・再配布や商用・非商用を問わず掲載・収録等々、なんでも自由にしてください。緑里庵への通知や許諾などは一切不要。あとバグ対応やバージョンアップは気が向かない限りやらない。(笑)



トップページへ戻る